イタリアで快適に使えるレンタルWifi:

ローマで本場の生クリームなしカルボナーラを食べるなら!レストランのおすすめ!

本場のカルボナーラ生クリーム抜き 味の特徴:とにかく濃厚

他のサイトやブログでは紹介されていない穴場レストランを紹介します。

基本の
カルボナーラ
トリュフ入り
カルボナーラ
朝ごはん
カルボナーラ

 


本場のカルボナーラは生クリームなし

ローマの所属しているラッツィオ州はカルボナーラ発祥の地として有名です。日本のカルボナーラは生クリームが入っているものが多いですが、イタリアでは生クリーム入りを見つける方が難しいくらいで、カルボナーラ自体のイメージが全くもって変わるくらい味が違います。ローマを旅行した時にはカルボナーラを食べてみてほしいですが、そんな中でも個人的にカルボナーラのためにもう一度行きたいレストランを4つまとめました。正直、ローマでカルボナーラを食べる場合、観光客向けの客引きをしているようなレストランではない限りクオリティはそこそこ高いですし、大外れはありません。しかし、その中でもクオリティの高さに感激したレストランを紹介します。また、いろいろなサイトやブログで既にたくさんのレストランが紹介されているので、あまり紹介されていないような穴場レストランを紹介していきます。
 

基本のカルボナーラ

サントパラート

このレストランのカルボナーラは個人的に相当理想に近いカルボナーラでした。卵黄のみで仕上げてあって適度な粘性はあるものの重すぎずソースはなめらか。パンチェッタの旨味はソースに出ていて、またパンチェッタはカリッカリ。パスタは太めでもっちりしたアルデンテで噛みごたえもしっかり。スタンダードなカルボナーラでこれ以上おいしくする方法があまり思いつきません。ソースが比較的たっぷりなのも嬉しかったです。本当にソースへの火入れが絶妙で、素晴らしいカルボナーラでした。

サントパラートのレストラン紹介を見る

ピペロ

ミシュラン星付きレストランですが、この店でもシンプルなカルボナーラを出しています。ただしさすが星付きレストランだけあって、シンプルながら全然違う味わいです。パンチェッタがおそろしいくらいにカリカリなのにふわふわしたキューブ状になっていて、どうやってこの味と食感を出しているのか不明ですが、カルボナーラのおいしさに大貢献しています。もちろんソースの固まり方の具合もちょうどいいです。カルボナーラが含まれているコースもありますし、コースを楽しみながらおいしいカルボナーラも食べられるところも魅力の一つです。

 ピペロの料理をもっと見る

 

トリュフ入りカルボナーラ

アンティコアルコ

ローマに住むイタリア人のみならず、イタリア全土で評価の高いレストランですが、ここではカルボナーラには黒トリュフをトッピングしてくれます。コースで食事を楽しんでいる人が多いですが、アラカルトメニューにもトリュフ入りカルボナーラがあるので単品でも楽しめます。カルボナーラ自体も完成度が高いので、ただトリュフをのせただけの平凡なカルボナーラになっていません。

アンティコアルコの料理紹介をもっと見る

エッグス

レストランの名前からわかるように卵料理が多いレストランです。このレストランではカルボナーラだけでも複数種類あり、その中の一つにトリュフ入りカルボナーラがあります。正直値段が安すぎてびっくりしました。こちらではパスタはショートパスタのリガトーニを使っているので、ロングパスタで食べたい人はお店の人にお願いしてみてください。比較的カジュアルなレストランです。

エッグスのレストラン紹介を見る

 

朝ごはんカルボナーラ

ナンブス

こちらはスペイン広場近くのレストランなのですが、朝の9時からやっています。多くの人は朝ごはんや朝のコーヒーを飲んでいますが、カルボナーラもオーダーすると食べることができます。観光地のど真ん中ではありますが、ローマのレストランだけあって味はしっかりおいしいです。正直、この店のクオリティのカルボナーラはローマではスタンダードですが、日本で食べようとしてもなかなか見つからないでしょう。量もそこそこ多いですし、例えば帰りのフライト前に最後にローマで食事したいという場合にも助かるレストランです。

ナンブスのレストラン紹介を見る