イタリアで快適に使えるレンタルWifi:

イタリア旅行:ホテルで役立つ持ち物リストと便利グッズ

イタリアのホテルのwifi80%は大丈夫 快適なホテル宿泊のため:あると安心、便利アイテムの紹介

イタリア旅行を100%楽しむためにはホテルでの過ごし方が重要です。

快適に過ごすため 疲労回復と体のケア その他便利グッズ

 

 

かゆいところに手が届くイタリア旅行持ち物リスト:ホテル編

誰しも経験があると思うのですが、旅行中に思いつく、あれあったら便利なのになーという持ち物。準備段階では全く想定していなかったものの、現地で気付き始めるものも多いです。そんな経験の中、何度もイタリアに行く中で、準備チェックリストを作成しています。そのリストと、どんな時に持ってると便利なのかをまとめてみました。今回は特にホテルであるとイタリア旅行が快適になる便利な持ち物です。
 

携帯充電器

旅のお供のスマホはお風呂の間や寝てる間にしっかり充電したいですよね。これは必須です。ちなみに、スマホの充電器はなかったら現地で買えますけど、売っている場所を探したりわざわざそこに行ったり、そんなことに時間を使うのももったいないので、ぜひとも忘れないでください。

電源プラグ変換器

イタリアと日本では電源プラグの形が違うので、日本からもっていった電化製品などは使えません。変換してくれるプラグを持っていかないと、持っていったもの全て使えなくて無駄になってしまいます。こちらも、イタリアでも買えるようですし、ホテルによっては貸してくれたりしますが、そんなことに時間を使うのはもったいないです。アマゾンで1クリックで買えるようなものなので、日本で準備して持っていきましょう。

電源タップ、延長コード

ベッド近くには電源がないもののベッド近くで寝る前にスマホを充電しながら使いたい場合など、延長コードがないと実現できません。イタリアのホテルではたまにありますが、電源とベッドがかなり離れていると、例えばスマホの目覚ましなんかが便利に使用できなかったりします。この例以外にも延長コードは役に立ちますので、一つスーツケースに忍ばせておくと便利です。重さもそんなにありませんし、大きいものでもないですが、効果は絶大です。

Bluetoothスピーカー

これは必須ではないですが、管理人はいつも持っていきます。ホテルでくつろいでるときに音楽を聞きたくなることはあるんですが、イヤホンではなくてスピーカーがあると、スマホに入ってる音楽を快適に聞けます。最近は小型のBluetoothスピーカーとは言っても、音質が向上していて侮れません。個人的にはあると便利なものの一つです。

ビーチサンダル

ホテルにスリッパがある場合もない場合もありますが、いずれの場合でもビーチサンダルはシャワーを浴びるときや、朝食に行くときに便利です。また、ホテルによってはホテル内に共同のサウナやプールなんかがある場合もあり、そんなところでもビーチサンダルは活躍してくれます。

ネックウォーマー

ネックウォーマーの活躍する季節は冬だけではありません。
夏であっても旅行中にのどの調子が悪くて風邪っぽい症状が出たときには、ネックウォーマーをして寝ると進行を食い止めるたり、治る方向に役立ちます。

室内用の寝るときに使える着替え

簡単な服装や軽い運動着で構わないですので持って行ってください。寝るときはもちろん、ホテルの朝食なんかでも軽装であればリラックスして行けます。ホテルにはバスローブがあることが多いですが、寝るときにはバスローブだと寒くなって風邪を引いたりします。何かと便利なので、できれば持っていきたいです。
 

湿布などの筋肉疲労を取るもの

観光で1日中たくさん歩いたりすると膝や腰が疲労します。特にイタリアは道が石畳なので、慣れるまでは足腰(特に膝と腰)への負担が大きいです。イタリアには、日本にあるような指圧系のマッサージもそうそうありませんので、湿布などの健康回復グッズがあると助かります。これもかさばるようなものでもないですし重いものでもないので、安心のためにもスーツケースの中に入れておくといざという時に役立ちます。普通の湿布より、できればバンテリン系の強力な湿布があると心強いです。

ストレッチボール

これも疲労回復に役立つもので、テニスボールなんかでもいいのですが、腰痛やふくらはぎのコリが起こったときにボールを床に置いてその上でごろごろするとツボが刺激されてコリがほぐれます。
これも重さもないですしかさばらない上に高いものでもないので、日本にいるうちに試しに使ってみるのもいいです。
それで良かった場合、旅に持っていくと本当に頼もしいお供になります。

コンディショナー

イタリアの水は硬水なのですが、硬水は体の脂をよく流してくれます。
そのため髪がバサバサになる人が多いようです。
そして、イタリアのホテルにはシャンプーは用意されていても、なぜかコンディショナーやリンスはありません。
それじゃなくてもイタリアは空気が乾燥してますので、髪はバサバサになりやすいです。
そういうところでストレスを感じたくないので、管理人はいつも小さいコンディショナーを持っていきます

リップクリームなどの保湿用品

コンディショナーのところでも書きましたが、イタリアでは硬水の影響もあり肌のいろいろなところが乾燥する人が多いようです。
唇もその一つで、乾燥して割れたりすると食事やワインを飲む際にしみたりして、純粋に楽しめなくなります。
夜寝る前にリップクリームを塗るだけでかなり防止になるので、リップクリームは是非持って行ってください。

日焼け止め

イタリアの日差し、夏はもちろんですが春や秋でも相当に強いです。
日焼け止めを塗らないと肌が焼けます。
肌が焼けても問題ない人はいいんですが、焼けたくない人は日焼け止めを持って行った方がいいです。
それくらいイタリアの日差しはつよいです。

歯ブラシと歯磨き粉

日本のホテルには歯ブラシと歯磨き粉が置いてあるところがおおいですが、イタリアのホテルにはほとんどありません。少なくとも管理人は見たことがあるのが1度か2度です。イタリアで買ってもいいですが、持って行った方が確実に楽できます。ホテルにないのは95%確実ですよ。
 

ビニール袋、ジップロックと輪ゴム

お土産をまとめてしまったり、使用した衣類を入れたり、何かと役立つ便利グッズとなることが多いです。
ジップロックはコンディショナーやリップクリームなど、潰れてこぼれたりすると嫌なものを入れるのに活躍しますし、イタリアのお土産で液体状のものを買った時にも念のために使えたりします。
あると便利なので、5枚くらいスーツケースに入れておくことをオススメします。

プチプチの梱包

イタリアで感動的においしいワインやリキュールなどを見つけて買った時、スーツケースの中で割れるのはさけたいですよね。
洗濯物などにくるんでもいいんですが、プチプチで包んでおくのもかなり効果的で、プチプチでできた袋に入れてさらに洗濯物に包んだりすると相当に安心感があります。
割れ物系には何かと便利なグッズです。

ペンなどの書くもの

結構忘れることが多いですが、ペンは常に一本あると便利です。
ホテルには大体机の上にホテルのペンがあったりするんですが、念のために持って行ってください。

イタリア旅行に役立つ情報